石上諒太のバルブ専門マニュアル

配管と接続するパーツ、バルブ。配管を通る気体や流体を調節したりする弁の役割をします。

配管とバルブ

誰もが目にする配管。

ガスを通したり、水が通ったり、配電関連のコードも通したりといろんな面で活躍する配管ですが、この配管もいろいろなタイプがあります。

その中で、もっとも重要とされるのが、「バルブ」というパーツであることは、皆さんご存知でしょうか?

単純に言ってしまえば、液体や気体、流体が流れる方向を制御したりコントロールしたりする弁の役割をするパーツで、配管を扱っている人にとっては、とても大切なパーツでもあります。

入り組んだ所も、このバルブを使って、配管と配管を結び、中に通る気体などの分量も調整したりできるので、たいへん便利ですし、安全性を保つために用いられることが多いモノなのです。

写真などを見てみると、くるくると回すところがあり、それで期待を調節するみたいで、一般的に身近な所では、給水器などに設置されている場合がありますね。